シコウサクゴ

シコウサクゴ

飛行機に乗らずに航空会社のマイルを貯めている「陸マイラー」のブログ。新羅ソウル、HYATTなどホテルについても書いています。

MENU

お金をかけずに大量のマイルを貯めてビジネスクラスに乗る方法|陸マイラーを2年間やったら人生が激変した!

f:id:maldivesblue:20180808201311j:plain

私のANAのマイル口座残高

こちらは1年間で貯めた私のANAのマイル口座残高の画像です。

マイル 200,000マイル

ANAファミリーマイル合算マイル 317,460マイル

私1人で200,000マイル、妻の分と合わせると317,460マイルになります。

貯まったマイルでバンコクビジネスクラスで行きました。

その後もマイルを貯め続け1年の間に貯まったマイルで2度、バンコクに行きました。

マイルを貯め始めるまでは1年間に2度もバンコクに行く事は決して出来なかった事です。

f:id:maldivesblue:20171213213801j:plain下の画像は交換申請中(一部)のメトロポイントで106,143ptです。こちらの交換申請中のマイルも合わせると1年間で実に500,000マイル以上貯まった計算になります。

500,000マイルあると家族でビジネスクラスでハワイに行く事も出来ますし、夫婦で世界1周する事だって出来てしまいます。

そして2年たった今もマイルは貯まり続けています。

f:id:maldivesblue:20171213215204j:plain 

いろいろなマイルの貯め方

私はこれだけの大量のマイルをお金を掛けずに貯めました。

勿論、飛行機に乗って貯めている方やクレジットカードで沢山のお買い物をして貯めている方もみえます。

しかし、私はごく普通の会社員で仕事で飛行機に乗る機会もありません。

またマイルが貯まるほどのお買い物をクレジットカードでする訳でもありません。

私がマイルを貯め始めるのに最も重要だった事、それはお金を掛けずにマイルを貯める言う事でした。

それはなぜか?だって、十分なお金があればお金を払って飛行機に乗りますよ。

マイルを貯めてビジネスクラスに乗ってみて感じたこと

貯まったマイルで実際にビジネスクラスに乗って感じた事があります。

ビジネスクラスの旅行は同じ旅行でも「質」が全く違います。

全てがスムース、飛行機で移動する際にストレスを感じない。

それどころか、その行為自体に喜びすら感じます。

それは飛行機に搭乗する前から始まります。

チェックイン 

これは帰国便のビジネスクラス(ROYAL SILK)優先搭乗のチェックインカウンターの様子です。

f:id:maldivesblue:20180204201327j:plain

バンコクはタイ航空の本拠地でもあり専用のチェックインカウンターが用意されています。

長い列に並ぶ必要はありません。こちらの椅子に座ってチェックインが終わるまでほんの少しの間、待つだけです。

楽しかった旅行の後、空港でチェックインの長い列に並ばなくて良いとういうのは帰国後の疲労度合が全然違います。

f:id:maldivesblue:20180809203222j:plain

専用チェックインカウンター「A」にはこんな専用のソファスペースまで用意されています。

f:id:maldivesblue:20180809203348j:plain

出入国審査 

チェックイン後の出国審査やラゲージを受取った後の入国審査、ほとんどの場合チェックインと同じように長い列が出来ている事が多いです。

こちらはそんな中でも混雑する事で有名なバンコクスワンナプーム空港のビジネスクラス専用の入国審査の様子です。

待ち時間0分。行列はありません。

長時間のフライトで疲れた後、長い列に並ばずに直ぐに入国出来て現地での時間が有効に活用できます。

f:id:maldivesblue:20180811130619j:plain

空港ラウンジ 

空港には飛行機に搭乗するまでをゆっくり過ごす為にラウンジがあります。

このラウンジには大きく分けて次の2種類のラウンジがあるのをご存知ですか?

  1. カード会社のラウンジ
  2. 航空会社のラウンジ

ビジネスクラスを利用すると航空会社のラウンジが提供されます。

カード会社のラウンジを利用したことがある方ならラウンジって飲み物とお菓子が提供されている場所で所って思いますよね、そしてラウンジならどちらも同じでしょ?と思っていませんか?

この2つは全く別物なんですよ。

では、何が違うのでしょうか?

航空会社のラウンジには各航空会社が工夫を凝らしたサービスが準備されています。

例えば飲み物やお菓子だけではなくお酒や飲茶、高級エステまで様々ものが提供されています。

こちらはそのバーカウンターの様子です。

f:id:maldivesblue:20180204201722j:plain

こちらはスパ受付の様子です。

f:id:maldivesblue:20180509205301j:plain

ここに座ってマッサージを受けます。空港の中とは思えないです。

f:id:maldivesblue:20180509205453j:plain

マイルを貯めると生まれる余裕とは 

マイルを貯めて感じた事が他にもあります。

マイルを貯めると旅の質が変わる事の他に当然、飛行機代が0(厳密には空港税は掛かる)になります。

この事で生まれる余裕を宿泊するホテルの代金に充てる事が出来るので更にホテルライフを楽しむ事も可能になります。

こちらはコンラッドバンコクエグゼクティブキングルームの様子です。

f:id:maldivesblue:20180228211845j:plain

ベッドからはこんな素敵な眺めが見られます。

f:id:maldivesblue:20180304104558j:plain

エグゼクティブルームでは気の利いたスイーツサービスも準備されていたり。

f:id:maldivesblue:20180304102537j:plain

バスルームにもゆったりとした時間が流れます。

f:id:maldivesblue:20180228212642j:plain

お金をかけずに大量のマイルを貯めてビジネスクラスに乗る方法

私はお金をかけずに大量のマイルを貯めてビジネスクラスに乗る事が出来ました。

陸マイラー」と言う方法で誰にでも出来る方法です。

私も2年前は「陸マイラー」と言う言葉すら知りませんでしたし、知った時もお金を使わずにマイルが貯められる事に半信半疑でした。

しかし、実際に大量のマイルを貯める事が出来てビジネスクラスに乗る事も出来ました。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。 

maldivesblue.hatenablog.com

まとめ 

陸マイラーを2年間やってみてメリットは有り過ぎるくらい有りました。

まず、やっていなければビジネスクラスに搭乗する機会はなかったと思います。

それといつでも気軽に旅行に出かけられると言う気持ちのゆとりも生まれ、実際の渡航回数も増えました。

デメリットこれは今のところありません。

心配しているのがマイルが無いとかなり寂しくなるので貯め続けなければならない。と言うことぐらいでしょうか(笑)あとリッチな旅行に慣れてきて元の旅行に戻りたくないです。

 

maldivesblue.hatenablog.com

maldivesblue.hatenablog.com

maldivesblue.hatenablog.com