シコウサクゴ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シコウサクゴ

陸マイラー、ポイントサイトを試す、ソウル、バリ、SHILLA、HYATT、クラブルームについてのブログです。

MENU

ポイントサイト3  ~ポイントをマイルにしよう ソラチカルート~

point

ソラチカルートとは

ポイントサイトで手に入れたポイントは直接マイルには交換しません。なぜなら交換レートが低いからです。

そこで登場するのがソラチカルートです。

f:id:maldivesblue:20161203193910p:plain

ソラチカルートとは簡単に言うとポイントサイトのポイントをマイルに高いレートで交換するための方法(経路)

上の図の事です。ポイントサイトのポイントは直接マイルに交換しません。ポイントサイト(ハピタス)で得たポイントはドットマネー「.money」や「東京メトロ」と言うサイトを経由してマイルに交換します。

他にもポイントサイトや経路はありますが分かりやすい説明する為に一つの経路で示しました。

※表示ポイントは実際にハピタスのポイントをANAマイルにするまでを示しています。

ハピタスの10,000ポイントはソラチカルートで9,000マイルになります。

ソラチカルート通過中に安全度は増す

陸マイラーでソラチカルートを使用していない人は皆無だと思います。

そして陸マイラーのブログでソラチカルートの説明をしていない人も極めて少ないです。

ソラチカルートは陸マイラーにとって唯一無二の有益なルートだからでしょう。

どの陸マイラーさんのブログを見ても同じような内容や説明が書かれているのでここではちょっと違う切り口にします。

ソラチカルートルートの通過地点で変わるポイントの安全性

私自身はポイントサイトを完全に信用している訳ではありません。

それはハピタスさんに限らず他のポイントサイトの会社についても同様です。

自分自身がマイルを手にして航空券に変えて飛行機に乗れば事実となります。

これは「ポイントサイト」の別記事でも述べています。

それでもその安全性は獲得したポイントがソラチカルートを通過している位置(会社)で大きく異なります。

もちろん会社の良し悪しは業況や財務状況のみで判断出来ません。ましてや一つの指標だけで判断するのは誤りで他の指標も確認する必要があります。

また指標がいいからと言って100%安心できる訳でもありません。

しかし下記のソラチカルート内各社の資本金を見てください。

   250億円

    581億円

     72億円(+3百万円)

  • ハピタス(株式会社オズビジョン)       

     0.3億円

ハピタスに限らずポイントサイトの資本金は各社似たようなものです。

勿論、ハピタスさんの業況は右肩上がりで進捗していますが財務基盤の違いは一目瞭然です。

ドットマネーとは大きく違いますし、ANA、メトロとは圧倒的に違います。

この状況を捉えてソラチカルートを通る過程に時間は掛かるが安全性が増していくと考えています。

ソラチカルートの各社の並び方(左→右)が違っていたら陸マイラーになるのをもっと躊躇していたかも知れません。

f:id:maldivesblue:20161203205847p:plain

陸マイラーは獲得したポイントをなるべくなら早くソラチカルートの右側のほうへ移行したいものです。それは早くポイントが貯めたいのと安全性の観点からも同様です。勿論、特典航空券になれば最良ですね。

 


maldivesblue.hatenablog.com