シコウサクゴ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シコウサクゴ

陸マイラー、ポイントサイトを試す、ソウル、バリ、SHILLA、HYATT、クラブルームについてのブログです。

MENU

【クレジットカード発行】1カ月に1枚の発行を半年続けてみた 〜 そこから見えてきたものとは 〜

発行出来たクレジットカード

 f:id:maldivesblue:20170419193626j:plain

クレジットカードを発行してポイントサイトのポイント(マイル)を貯めています。半年間、毎月1枚のペースで申込みをして、実際に発行する事が出来るのかどうか試してみました。クレジットカードをそんなに何枚も発行したら良くない履歴が残るんじゃないかと思う方もみえると思いますが実際には何も問題ありません。ただし、以下の点には注意しました。

  • 審査結果が出るまで次のカードを申し込まない。
  • 申込みは1か月に1枚にする。
  • キャッシング枠は0円にする。(ただしポイント付与条件なら最低額は満たす)
  • 保有しているクレジットカードのキャッシング枠も0円にしておく。
  • 審査落ちしたら半年間は申込みしない。

発行したカードの種類と獲得出来たマイル

半年間、毎月連続発行する前のクレジットカード保有枚数は4枚です。実際に発行したカードの種類と獲得できたマイルはこちら。

f:id:maldivesblue:20170421203247p:plain

狙ったクレジットカード案件は・・・

  • 獲得マイルは8,000マイル以上を目安
  • 年会費が初年度無料もしくは無料

ポイントサイトは何処を優先して利用するかは決めていなかったのですが高ポイントが獲得出来る案件を優先しました。こうしてみるとちょびリッチがカード発行案件に強いのが良く分かります。ドットマネーモールとポイントタウンは稀に高額案件があるので見逃さずに見つけられるようマメにチェックするといいと思います。最近、クレジットカード発行案件で獲得出来るマイルが全体的に少なくなっているのが気掛かりですが、今回の連続発行で獲得出来たマイルは合計で62,145マイル、これだけあればハワイへビジネスクラスで往復出来きます。ハワイへビジネスクラスの往復チケットを購入すると約300,000円~800,000円くらいするので最低でもクレジットカード1枚あたりの発行で50,000円は稼いだ計算になります。しかも見ていただければ分かりますがコストは0円です。

発行後に気を付けるべきこと

毎月クレジットカードを発行してみて分かった事の1つとして口座振替の設定方法が各クレジット会社で違うという事です。最も多いのがクレジットカード発行後、郵送で届いたカードと一緒に口座振替依頼書が同封されていて記入して返送するというパターンです。これ本当に気を付けないと毎月発行しているとうっかり送付するのを忘れてしまいます。送付忘れをするとカード利用分の返済延滞に繋がるので十分な注意が必要です。VIASOカードのようにWEBで口座振替まで完結するのは便利でいいですね、その他の気を付けるべき点は下記の通りです。

  • 発行後1年間は解約しない。(年会費が掛かる前月に解約)
  • 発行したカードは定期的に利用する。
  • 利用分の返済延滞はしない。
  • キャッシング枠を暫くしたら0円に変更する。

今後のクレジットカード発行について

半年間で6枚発行出来たので優良な案件がない限りは発行を控えるつもりです。また、従前から所有していた4枚のクレジットカードを順次解約していこうと思います。現在、合計で10枚所有しているので従前から所有しているカードを解約する事で新たな優良カードの発行に備えます。

クレジットカード発行に唯一必要なのは一般的なスペック

クレジットカードを複数枚発行するのに唯一必要なのは一般的スペックです。高所得だったり、優良企業に勤務している必要はありません。一般的な会社に勤務して平均的な年収を上げている事が重要な要素です。勿論、高所得で優良企業に勤務していれば言う事はないのですが、あとは上記の注意事項さえ守ればいいだけです。一般的なスペックであれば、ほぼ大半の方に当てはまるので誰でも簡単に同じようにマイルを貯める事が出来ると言う事です。

クレジットヒストリーを磨く重要性

クレジットヒストリー(通称:クレヒス)と言う言葉をご存知ですか?国内の金融機関で審査を行う際に利用している情報の事です。国内の金融機関は国内に存在する下記の3つの信用情報機関に必ず登録しています。

  • 株式会社シー・アイ・シー (CIC
  • 株式会社日本信用情報機構 (JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター (JBA・KSC)

あなたが新しくカードを発行する際にカード会社はあなたのクレヒスを必ず確認します。ここで返済の遅延や未入金の有無、クレジット利用の有無なども確認されます。したがってこれらクレヒスが良好であればカード発行は問題なく行われるでしょう。また発行したカード枚数ばかりが多くて利用されていないよりも定期的に利用されておりキチンと返済されているとカード会社の心象もよくなると思われます。したがってポイントサイトでクレジットカード発行をしてマイルやポイントを貯める場合、クレヒスを磨く(良好な履歴をキチンと積み上げる)事が重要です。

限界へ挑んでみたい方へ

ここまでは一般的な方が誰でも無料でしかも安心してクレジットカード発行でマイルを貯められるかどうかを試してみた事を書いてきましたが一度に複数枚発行したり、審査落ちしても何度もチャレンジしてみえる方もみえます。リターンとリスクを天秤にかけてチャレンジングスピリットあふれる方はこちらの記事を参考にして挑戦して見て下さい。

クレジットカードを2枚同時に申し込んだ審査結果 - すけすけのマイル乞食

同じクレジットカードに続けて審査落ちした人が取るべき次の行動 - この素晴らしいマイルに祝福を!~このすマ!~

『クレジットカード審査落ち』の総括!屍を越えてゆけ!! - ANAのケン

まとめ

クレジットカードの発行はマイル(ポイント)を貯めたい人にとっては非常に有効な手段です。だからこそクレヒスを丁寧に磨き半永久的にマイルを獲得できる手段として用いるべきだと思います。半年の間、毎月発行したので暫くはクレヒスを磨き、更に従前から所有していた不要なカードを解約して、暫くしたらカード発行案件でのマイル獲得活動を再開しようと思います。これからは年会費無料のカードは入れ替え作業のイメージでコツコツ貯める感じになると思います。年会費有料のカードも十分に元が取れそうな物が沢山あるのでそちらも時期を見て取り組みする予定です。またFX取引も簡単にマイル獲得出来るのでお勧めです。


 



サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

 


  

 


 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン